業界注目の経営者たちSprinter

業界で注目の経営者たちを紹介します

*

出雲充(株式会社ユーグレナ)

   

出雲充は株式会社ユーグレナの代表取締役社長です。
東京大学農学部卒業後、東京三菱銀行に入行し、2005年に株式会社ユーグレナを設立しました。微細藻類であるユーグレナ(ミドリムシ)の食用としての屋外大量培養を2005年8月に世界で初めて成功させ、今では健康食品やサプリメントとして愛用されています。

出雲充社長は学生時代にバングラデシュへ国連の食糧支援のボランティアで行ったところ、食料が足りないのではなく、食糧はあるのに栄養素がある食糧がないという事実に気が付きます。そこでこの問題を解決すべく、帰国後は東大の後輩である現取締役研究は衣鉢担当の鈴木健吾と現取締役マーケティング担当の福本拓元の3人で株式会社ユーグレナを創業して本格的なミドリムシの培養に取り組み始めます。
培養成功し事業が軌道に乗りかけた時にライブドアショックがおこり、ライブドアから出資を受けていた株式会社ユーグレナから一部の取引先が手を引いてしまうというアクシデントに見舞われました。しかし2005年8月に伊藤忠と提携し、2012年12月には上場を果たすなど、順調に事業が伸びてきています。

元々起業する気の無かった出雲充。ただミドリムシを使って仕事をしたいという気持ちが先にたってスタートした会社でしたので、起業当時は月収10万円で貯金も32万円までになったそうです。しかし出雲充は「ミドリムシが地球を救う」の信念のもと、順風満帆に事業が拡大しています。著書には「僕はミドリムシで世界を救うことに決めました」があります。

 - 飲食業界