業界注目の経営者たちSprinter

業界で注目の経営者たちを紹介します

*

ダメなスタッフも変身させてしまう名物朝礼!居酒屋てっぺんの大嶋啓介

      2017/01/13

株式会社てっぺんの代表取締役である大嶋啓介氏は今日本で最も熱い経営者の一人です。

三重県で生まれた大嶋啓介は電子部品商社に就職するも1年で解雇されます。祖父のアドバイスを受けて2003年に株式会社てっぺんを起業しました。

特に居酒屋てっぺんの朝礼風景は有名で、たった15分の朝礼を、年間1800人が見学しにきます。居酒屋てっぺんの約15分の朝礼は全力投球ですので、会社の業績や人の人生もガラリと変えてしまうほどの威力があると評判です。普通なら採用されないようなダメスタッフも朝礼を続けることで、仲間のために主体的に働きたいと輝きだすほどのパワーがあります。スタッフは仕事を通じて自分が価値ある人間だと気が付き、夢を持ち、前向きに生きるようになり、店内は活気にあふれ、売り上げも自然に上がっていくということで、居酒屋てっぺん式の朝礼を取り入れる企業や学校が続出しています。

経営者の悩みの多くが社員に関する悩みで、反抗的な社員に対して頭を抱えていたり、思うように育ってくれない社員に苛立ちを感じたりしている経営者が多いといいます。人を変えたいと思っている経営者に必要なのは、変わるきっかけを与えることだと大嶋啓介氏は言います。

社員や部下に尊敬される経営者を目指し、かつ働きながら夢が持てる会社を作ってほしいと願う大嶋啓介はDVDやCDなどのコンテンツの販売にも力を入れています。自身が学び実践してきた人間関係のノウハウを余すことなく提供してくれているこれらのコンテンツは一見の価値があります。

 - 飲食業界